月別アーカイブ: 2015年11月

綺麗なおばあちゃんになりたい 

12来月72歳になる私の母は、若い頃からとても肌が綺麗で、いつも10歳くらい若く見られます。肌にはシミもしわもとても少ないです。
母の毎日のスキンケアは、コールドクリームでお化粧を落として、洗顔は時間をかけてすすぎ、パックしてから鉢植えのアロエをもいで顔に塗ります。
普段使っている化粧品は近所のスーパーやドラッグストアで購入。外出するときはどんなに近い所でも、必ずお化粧します。

食生活は油っこいものや焼き肉など嫌いで食べません。好きな食べ物は、焼き魚とフルーツと野菜です。
3時のおやつはお団子やおせんべい。ごくたまにですがショートケーキを食べます。
飲み物は真夏でも温かいお茶だけで、ジュース、炭酸飲料やコーヒーは飲みません。勿論煙草とお酒は飲みません。
夜の9時か10時には眠り、朝起きるのは5時。
自営業で今でもバリバリ働いています。そして私が一番羨ましく思うところは、母は脱毛したわけではないのに、足と腕とうなじにムダ毛がほとんどないのです。

本当に何もしていないのにつるっつるなのです!悲しい事に私は父親に似てしまったようで、身体全体が毛深いです。
私は顔には吹き出物が多く、最近はしみやしわも気になります。
全体的に顔色が暗く老けて見られます。でも私も母のように綺麗なおばあちゃんになりたいのです。とりあえず、食生活を改善することから始めました。大好きだった甘い物油っこい物は控えています。

美容に良い代表的な食べ物

歳を重ねていくと老化というものは必ず出てくるものです。しかし誰もがいつまでも美肌を保って周囲から若く見られたいと思うはずです。美容には日頃のケアももちろん大切ですが、規則正しい生活や食事も大切だという事を把握しておくべきだと思います。

10美容に良い食べ物で代表的なのが納豆です。老化因子にポリアミンと呼ばれる成分が刺激して大きな効果を発揮します。ビタミンEが多く含まれているので、肌の老化予防にすごく効果があります。また疲労回復、ダイエット、便秘、血流改善などにも効果が期待出来ます。朝と夜食べるのには両方効果はありますが、夜に食べた方が睡眠の時に効果を出やすいのでさらに良いと言われています。納豆の他の大豆ももちろん美容効果は十分期待出来ます。

次に美容に良いとされている食べ物はわかめです。わかめはダイエット食でも有名な食材で、美肌効果もすごくあります。わかめにはβカロチンが多く含まれていて、ビタミンAの役割があるのでニキビを防いでくれます。またミネラルも豊富なので血行も良くなって体の内側から綺麗にしてくれます。

次に疲労回復の時に良く食べるうなぎも美容に良いとされています。うなぎにはビタミンB1やビタミンEが多く含まれていて、新陳代謝を促すとともに細胞の再生を助けて肌の健康を維持してくれます。またビタミンAも含まれているので紫外線を浴びて出来たシミを防ぐ効果もあります。

これらの食べ物を継続的に食べる事によってより効果が出てくるでしょう。

脇の黒ずみの悩みや解決策について

5私が長年、コンプレックスに感じ続けていたことといえば脇の黒ずみです。

女性であれば脇は結構肌トラブルや無駄毛処理などでお手入れに悩みを抱える場所だと思いますが、私はとても剛毛でとにかく毛深い体質なので、長年かみそりを使って自己処理によるシェービングをほとんど毎日のように繰り返してきました。

昔は夏しか処理してませんでしたが、スポーツクラブへと通うようになってからは一年中半袖のウェアを着てスタジオに参加したり運動を楽しむことが増えたので、私にとって脇を剃ることは毎日のルーティーンになりつつありました。

しかし、剃刀での処理は非常に肌に掛かるダメージが大きく、いつの間にか脇の黒ずみが非常に気になる状態になってしまいました。

美白効果があるせっけんを使ったり、ピーリング剤やスクラブなどを試してみても全く効果が出ず、落ち込みました。

脇の黒ずみの原因は人によって違いますが、私の場合には剃刀による肌への大きな摩擦を連日繰り返していたことや、剛毛で太い毛がたくさん生い茂っている点から、どうしても他のパーツより全体的に肌の透明感が損なわれている点だと気付きました。

無駄毛があるとどうしても肌全体が黒ずんだ感じの印象になりますし、剃刀を連日使い続ける限りには、根本的に脇が黒ずんでしまうことを避けられないと思い、二年前から脇の黒ずみの悩みを無くすため脱毛サロンに行き始めてます。

見る見るうちに無駄毛も生えにくくなり、全体的に毛穴の黒ずみや脇全体の黒さもずいぶん改善されて、脇の黒ずみの悩みもかなり解決したので、黒ずんだ脇には脱毛は意外とおすすめです。